人に頼みづらい問題の解決策になる保証会社で賃貸契約を進められる!

賃室賃貸借契約書

家賃保証会社の利用が増えています

¥マーク

賃貸物件を借りるには連帯保証人が必要になりますが、近年では連帯保証人を立てる代わりに、家賃債務保証サービスを利用するケースも増えています。家賃債務保証とは保証料を支払い、連帯保証人の代わりをしてくれる保証会社のサービスです。核家族化が進む背景の他にも、近年では親や兄弟姉妹、親戚との関係性が良くなく、連帯保証人を頼みにくい場合や、親が高齢や無職などで連帯保証人になれないこともあり、保証会社のサービスが必要になる場合が多いようです。
ただもちろん保証会社にも審査基準があります。ただその条件は厳しいものではなく、通らないのは「現在家賃滞納がある」「無職で収入がない」といった場合で、普通に仕事をしていたり、高齢でも年金収入がある場合は通るケースがほとんどのようです。保証料は各会社によりますが、だいたいは年間で月の家賃の0.5~1ヶ月程度で、2年目からは安く設定されているので、保証人になってくれる人を探しまわるよりも労苦はないとも言えます。
サービスを提供する保証会社は増加していていて、不動産会社と提携しているところもあるので、保証人になってくれる人がいないというお悩みを持つ方は、保証会社を利用することを考えてみてはいかがでしょうか?

PICK UP

TOP